サイバード、アニモカブランズらとブロックチェーンサッカーゲーム開発へ

サイバード、アニモカブランズらとブロックチェーンサッカーゲーム開発へ

国内にてモバイル向けコンテンツなど提供するサイバードが、ブロックチェーンサッカーゲーム「Blockchain Football」の開発をすることが1月5日分かった。

このゲームの開発には、香港拠点のブロックチェーンゲーム開発企業アニモカ・ブランズ(Amimoca Brands)がリードインベスターとして参加するという。アニモカはP2E(遊んで稼ぐ:Play-to-Earn)モデルのゲームメカニズムについてアドバイスを行っていくとのこと。

なお「Blockchain Football」の配信については、シンガポール拠点のITサービス提供およびゲーム開発企業プレイネクスト(PlayNext)が行うとのことだ。

発表によると「Blockchain Football」は、獲得した選手のコレクションやトレード、育成などにNFTやプレイヤーが遊んで稼ぐ(P2E)機能を実装した新しい体験ができるブロックチェーンサッカーゲームとなるようだ。

そしてこのゲームの開発には、「App Store」でトップ無料Appで1位、トップセールスAppで3位を記録したことのあるサイバード開発のサッカーゲーム「BFB」シリーズのノウハウを活かしていくとのことだ。

あたらしい経済編集部は株式会社サイバードのコーポレートコミュニケーション部へ、「Blockchain Football」で採用したブロックチェーン基盤やリリース時期について取材をしている。詳細が分かり次第本記事へ追記をさせて頂く予定だ。

関連ニュース

人気NFT「BAYC」が来年ゲームに、アニモカブランズと提携で

アニモカブランズとバイナンス、約227億円のファンドを立ち上げ。ブロックチェーンゲーム支援で

アニモカブランズ、ゲーマーにウォレット提供の合弁会社設立へ。暗号資産カストディ企業Hex Trustと

参考:プレスリリース
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Arkadiusz-Warguła・msan10

参照元:ニュース – あたらしい経済

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。