FTX、本社を香港からバハマへ

FTX、本社を香港からバハマへ

暗号資産(仮想通貨)デリバティブ取引所「FTX.com」を運営するFTXが、本社を香港からバハマへ移転することが9月25日に分かった。同社CEOのサム・バンクマン・フリード(Sam Bankman-Fried)氏がツイートで明らかにした。

サム氏は「バハマは、暗号資産の包括的な規制の枠組みを設定している数少ない国の1つです。またバハマはコロナのパンデミックから回復していて、入国の検疫もない安全な場所です」とツイートしている。

なおFTXのバハマの子会社「FTX Digital Markets」は、バハマのデジタル資産登録取引所法案に基づき、同国証券委員会に登録されていることが9月20日に明らかになっている。

その発表で、サム氏は「バハマの規制当局との協力関係により、初期状態である暗号資産市場の成長を促進することができる」と説明していた。

香港では昨今の中国による規制強化の影響があると考え、FTXとして今回の本社移転を決定したことが想定される。

参考:サム・バンクマン・フリードのtwitter
 デザイン:一本寿和
images:iStocks/NatanaelGinting

参照元:ニュース – あたらしい経済

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。