まさかのCPIサプライズ 来週のFOMCへの影響は?【仮想通貨相場】

13日のビットコイン(BTC)は急反落。8月の米国の消費者物価指数(CPI)上昇ペース鈍化を見込み、米連邦準備制度理事会(FRB)がタカ派的な姿勢を緩め始めるとの観測から市場では楽観ムードが広がっていたが、結果はヘッドラインとコア指数共に市場予想を上回るサプライズとなった。

参照元:仮想通貨・ビットコインのニュースサイト|コインテレグラフ ジャパン

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。