韓国の金融当局、NFTは課税対象と判断か=報道

韓国の金融委員会(FSC)のド・キュサン副委員長は23日、来年からノンファンジブルトークン(NFT)が課税対象になると明らかにした。The Korea Heraldによると、課税対象資産と判断されれば、2022年1月1日時点で250万ウォン(2,102ドル)を超える仮想資産からの所得に20%の税金が課せられることになる。

参照元:仮想通貨・ビットコインのニュースサイト|コインテレグラフ ジャパン

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。