ドルコスト平均法 マイナススワップポイント時代はくるのか? その対応法まとめ

2016年7月現在、私が純ドルコスト平均法で毎月積立対象としているのは豪ドル円です。豪ドル円のスワップポイントは数年前に比べると半分くらいになっています。こうなってくると「もしも、マイナススワップポイントになったらどうしよう」という不安もでてきます。今回は、その辺についてまとめさせて頂きましたSBIFXトレードを使ったドルコスト平均法運用状況

参照元:お気楽FX 相場生活入門編

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。