トランプ氏が対中関税引き上げ、報復に対抗 米企業に中国撤退も

中国が米国製品に対する追加報復関税を発表したことを受け、トランプ米大統領は23日、対中関税の新たな引き上げを発表した。さらに米企業に対し中国からの事業撤退も要求した。通商問題を巡る米中の対立は深まる一方となっている。

続きを読む

ダウ急落623ドル安、米中摩擦の激化で売り膨らむ

米国株式市場はほぼ全面安の展開となり、ダウ平均株価は623ドル値下がりしたほか、ハイテク株の多いナスダック総合指数も3%安で取引を終了した。中国が米国製品に対する追加報復関税を発表し、トランプ大統領も米企業に中国からの撤退を要求するなど、米中貿易摩擦が一段と激しさを増したことを嫌気し、売り注文が相次いだ。

続きを読む

日米通商交渉は進展、首脳会談で今後の予定発表=茂木再生相

米ワシントンで21日から3日間にわたった日米通商交渉の閣僚級協議が終了した。茂木敏充経済再生相は「大きな進展をみることができた」としたうえで、フランス・ビアリッツで開かれる日米首脳会談で「今後の議論の進め方やスケジュールが発表される」と話した。茂木再生相とライトハイザー米通商代表との交渉は「恐らく今回が最後になる」とも述べた。

続きを読む

貿易戦争激化でドル下落、対人民元では上昇=NY市場

ニューヨーク外為市場ではドルが幅広い通貨に対して下落した。中国が対米報復関税の発動を発表したことを受け、トランプ米大統領が米企業に対し中国から事業を撤退させ、米国内での生産を拡大するよう要請し、米中貿易戦争が一段と悪化したことが背景。

続きを読む

パウエル議長、利下げ確約せず トランプ氏は批判

米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長は23日、ワイオミング州ジャクソンホールで開催中の経済シンポジウムで講演し、FRBは足元の景気拡大を維持すべく「適切に対応」すると表明した。ただ、今後FRBがどれほど速いペースで利下げを行うのか手掛かりを示さなかったため、FRBに対し繰り返し利下げ圧力を掛けているトランプ米大統領は痛烈にパウエル議長を批判した。

続きを読む