どこまで調整?ビットコイン5500ドル「ワイルド予想」、著名アナリストが太鼓判 【仮想通貨相場】

10月18日の仮想通貨市場はビットコインが再び8000ドルを割り込んだ。今後どこまで調整が続くのか予想が相次ぐ中、著名テクニカルアナリストのピーター・ブラント氏が先月末に出した5500ドル「ワイルド予想」についてその友人が解説した。

続きを読む

台風の影響引いても前回ほど大きな消費の落ち込みない=西村再生相

西村康稔経済再生担当相は18日、月例経済報告関係閣僚会議の後の記者会見で、増税後の消費は、台風19号で駆け込み需要が発生した影響を差し引いても、現段階では前回消費税率を引き上げた2014年ほど大きく落ち込んでいないとの見方を示した。

続きを読む

コラム:G20内で浮上する財政政策シフト、日本が先頭に立つ展開も

G20(20カ国・地域)内では、マクロ政策の比重を金融政策から財政政策へシフトさせようとする気配が色濃くなってきた。国際通貨基金(IMF)は財政政策の活用に言及し、欧州の要人からは「次の危機」では財政が主役との声が相次いでいる。「金融から財政」へのシフトが世界の潮流になりそうな中で、台風19号の被害に直面した日本が、その流れの先頭に立つ可能性も出てきた。

続きを読む

高級電気自動車メーカーのカルマ、仮想通貨ビットコインでの支払い受付を開始【ニュース】

米カリフォルニア拠点の高級電気自動車メーカーのカルマ・オートモーティブは、ニューポートビーチの旗艦店で、仮想通貨ビットコイン(BTC)での支払いを受け付ける。10月15日にニュースリリースで発表した。

続きを読む

景気判断を下方修正、消費増税・台風の影響留意=10月月例経済報告

政府は18日、10月の月例経済報告で、景気の総括判断を「輸出を中心に弱さが長引いているものの、緩やかに回復している」として、前月の判断「景気は、輸出を中心に弱さが続いているものの、緩やかに回復している」を5カ月ぶりに下方修正した。世界経済の減速による輸出回復の遅れに加え、消費増税後の消費者マインドや、台風19号の影響を注視するとの文言を加筆し、景気の下振れリスクを強調した。

続きを読む