月別アーカイブ: 2018年1月

イエレン議長最後のFOMC

本日はトランプ大統領の一般教書演説でした。トランプ大統領は、対談やTwitterなどの場では暴言が多いですが、演説のようなときは紳士的になりますね。演説内容は、事前に出てきた原稿と変わらない内容だったため、ほぼ無風で通過しました。本日は深夜4時にFOMCです。イエレン議長の最後のFOMCですが、会見はないので、あまり材料視されないようには思います。他の中央銀行の総裁と比べると、イエレン議長は市場との対話が上手かっ

続きを読む

米ADP民間雇用者数、1月は23.4万人増 予想上回る

[ワシントン 31日 ロイター] – 企業向け給与計算サービスのオートマチック・データ・プロセッシング(ADP)とムーディーズ・アナリティクスが発表した1月の全米雇用報告は、民間部門雇用者数が23万4000人増と、市場予想の18万5000人増を上回った。

続きを読む

JAL、4―12月期営業益5.8%増、燃油費増懸念で通期予想は維持

[東京 31日 ロイター] – 日本航空が31日発表した2017年4月―12月期連結決算によると、営業利益は前年同期比5.8%増の1452億円だった。出張・訪日客・貨物の需要が増えており、国内線、国際線ともに好調だった。業績は計画より上振れて推移したが、1月以降の燃油費拡大などの懸念があるため、18年3月期通期の連結業績予想は据え置いた。

続きを読む

豪ドル/ドルは高所恐怖症に負けず引き続き 買いで!値ごろ感の売りは最も避けるべき

■豪ドル/米ドルは月足で後々の下落を示唆 今回は豪ドル/米ドルの分析を行なう。まず、月足チャートからご覧いただきたい。
 月足チャートを見ると、豪ドル/米ドルは中長期のサポート・ライン「太い緑の破線」を割り込み、その時点で「売りシグナル」を発したと考える。 
豪ドル/米ドル 月足(クリックで拡大)(出所:ヒロセ通商)
 上のチャートでは、中長期のサポート・ライン「太い緑の破線」の傾きを緩やかにして、実際の相場に合わせ調整している。
 豪ドル/米ドルは高値圏で「紫の破線」で示した「下値0.9400ドル近辺-上値1.1100ドル近辺のボックス相場」を形成していたと考える。
 そして、ボックス相場「紫の破線」の下限を割り込み、さらなる「売りシグナル」を発したと考える。「紫の破線」で示した「下値0.9400ドル近辺-上値1.1100ドル近辺のボックス相場」は、「高値圏での乱高下」と考えることができる。
 「高値圏での乱高下」は、後々の下落を示唆するケースが多々ある。
このボックス相場「紫の破線」の下限(0.9400ドル)を割り込んだことで、大きく下落する可能性を示唆していたと考える。
■ボックス相場下抜け後も乱高下を続ける 豪ドル/米ドルは0.9400ドルを割り込み発せられた「売りシグナル」に従い、0.88ドル台にまで下落したが、0.88ドル台から急反発して、0.97ドル台にまでリバウンド(反転上昇)した。 
豪ドル/米ドル 月足(再掲載、クリックで拡大)(出所:ヒロセ通商)
 しかし、2013年12月のFOMC(米連邦公開市場委員会)で、「テーパリング(量的緩和策の縮小)実施」が発表されたことを材料に、豪ドルは再度大きく下落し、0.86ドル台の安値をつけている。
 しかし、0.86ドル台の安値から今度は大きく急騰し、戻り高値は0.9500ドル近辺(0.9500-05ドルレベル)をつけている。
 戻り高値の0.9500ドル近辺(0.9500-05ドルレベル)から、再び大きく下落している。
 豪ドル/米ドルは、「ピンクの破線」で示した「上値0.9800ドル程度-下値0.8600ドル程度のボックス相場」を形成していた、と考える。 
豪ドル/米ドル 月足(クリックで拡大)(出所:ヒロセ通商)
 そして、このボックス相場「ピンクの破線」の下限を割り込み、「売りシグナル」を発した、と考える。
 この「売りシグナル」に従い、豪ドル/米ドルは、大きく下落した。それで、一番右のレジスタンス・ライン「緑の破線」を表示した。
■直近は上値0.82ドル近辺のボックス相場を形成中 豪ドル/米ドルは、0.8600ドル近辺を下に抜けたことで、ボックス相場「ピンクの破線」下限を割り込み、「売りシグナル」を発した、と考える。
豪ドル/米ドル 月足(再掲載、クリックで拡大)(出所:ヒロセ通商)
 0.8600ドル近辺を下に抜けたので、新安値を更新して「売りシグナル」を発した、と考えることもできる。
 この「売りシグナル」に従い、相場は大きく下落して、0.68ドル台前半程度の安値を付けている。
 0.68ドル台前半の安値を付けてからの豪ドル/米ドルは、ボックス相場「茶色の破線」を形成中、と考える。
豪ドル/米ドル 月足(クリックで拡大)(出所:ヒロセ通商)
 ボックス相場「茶色の破線」の上限は0.8200ドル近辺、下限は0.6800ドル近辺、と考える。
 月足チャートを見てのとおりに、豪ドル/米ドルは、一番右のレジスタンス・ライン「緑の破線」を上に抜けて、「買いシグナル」を発した、と考える。
 この「買いシグナル」に従い上昇したが、引き続き、ボックス相場「茶色の破線」が維持されている、と考える。
 つまり、上値のレジスタンス(チャート・ポイント)は、0.8200ドル近辺と考える。
 従来は(以前は)、ボックス相場「茶色の破線」の上限を0.7850ドル近辺と考えたが、実際の相場の値動きに合わせて、その上限を0.8200ドル近辺に修正した。
■週足でも急落を示唆していた 続いて、週足チャートをご覧いただきたい。週足チャートを見ると、豪ドル/米ドルは1.10ドル台にまで大きく上昇したが、その上昇は、サポート・ライン「緑の破線」に従っていたと考える。 
豪ドル/米ドル 週足(クリックで拡大)(出所:ヒロセ通商)
 豪ドル/米ドルは、高値圏で「紫の破線」で示した「下値0.9400ドル-上値1.1100ドルの約1700ポイント幅のボックス相場」を形成したと考える。  
 その後、2013年5月上旬にサポート・ライン「緑の破線」を割りみ、「売りシグナル」を発したと考える。
 そして、「紫の破線」で示したボックス相場の下限0.9400ドルを割り込み、さらなる「売りシグナル」を発したと考える。  
 ボックス相場のセオリーに従えば、ボックス相場の下限0.9400ドルからボックスの値幅分(1700ポイント)下落したところがターゲットになる。つまり、0.7700ドル程度がターゲットだ。
 週足チャートを見てのとおりに、上記のターゲットはすでに達成したと考える。
 この「紫の破線」で示したボックス相場を下に抜けた時点で、大きく急落する可能性が高いことを示唆していた、と考える。「紫の破線(両端矢印)」でターゲットを達成したことを示した。
 2013年から2014年にかけての豪ドル/米ドルは…

続きを読む

豪ドル/ドルは高所恐怖症に負けず引き続き 買いで!値ごろ感の売りは最も避けるべき

■豪ドル/米ドルは月足で後々の下落を示唆 今回は豪ドル/米ドルの分析を行なう。まず、月足チャートからご覧いただきたい。
 月足チャートを見ると、豪ドル/米ドルは中長期のサポート・ライン「太い緑の破線」を割り込み、その時点で「売りシグナル」を発したと考える。 
豪ドル/米ドル 月足(クリックで拡大)(出所:ヒロセ通商)
 上のチャートでは、中長期のサポート・ライン「太い緑の破線」の傾きを緩やかにして、実際の相場に合わせ調整している。
 豪ドル/米ドルは高値圏で「紫の破線」で示した「下値0.9400ドル近辺-上値1.1100ドル近辺のボックス相場」を形成していたと考える。
 そして、ボックス相場「紫の破線」の下限を割り込み、さらなる「売りシグナル」を発したと考える。「紫の破線」で示した「下値0.9400ドル近辺-上値1.1100ドル近辺のボックス相場」は、「高値圏での乱高下」と考えることができる。
 「高値圏での乱高下」は、後々の下落を示唆するケースが多々ある。
このボックス相場「紫の破線」の下限(0.9400ドル)を割り込んだことで、大きく下落する可能性を示唆していたと考える。
■ボックス相場下抜け後も乱高下を続ける 豪ドル/米ドルは0.9400ドルを割り込み発せられた「売りシグナル」に従い、0.88ドル台にまで下落したが、0.88ドル台から急反発して、0.97ドル台にまでリバウンド(反転上昇)した。 
豪ドル/米ドル 月足(再掲載、クリックで拡大)(出所:ヒロセ通商)
 しかし、2013年12月のFOMC(米連邦公開市場委員会)で、「テーパリング(量的緩和策の縮小)実施」が発表されたことを材料に、豪ドルは再度大きく下落し、0.86ドル台の安値をつけている。
 しかし、0.86ドル台の安値から今度は大きく急騰し、戻り高値は0.9500ドル近辺(0.9500-05ドルレベル)をつけている。
 戻り高値の0.9500ドル近辺(0.9500-05ドルレベル)から、再び大きく下落している。
 豪ドル/米ドルは、「ピンクの破線」で示した「上値0.9800ドル程度-下値0.8600ドル程度のボックス相場」を形成していた、と考える。 
豪ドル/米ドル 月足(クリックで拡大)(出所:ヒロセ通商)
 そして、このボックス相場「ピンクの破線」の下限を割り込み、「売りシグナル」を発した、と考える。
 この「売りシグナル」に従い、豪ドル/米ドルは、大きく下落した。それで、一番右のレジスタンス・ライン「緑の破線」を表示した。
■直近は上値0.82ドル近辺のボックス相場を形成中 豪ドル/米ドルは、0.8600ドル近辺を下に抜けたことで、ボックス相場「ピンクの破線」下限を割り込み、「売りシグナル」を発した、と考える。
豪ドル/米ドル 月足(再掲載、クリックで拡大)(出所:ヒロセ通商)
 0.8600ドル近辺を下に抜けたので、新安値を更新して「売りシグナル」を発した、と考えることもできる。
 この「売りシグナル」に従い、相場は大きく下落して、0.68ドル台前半程度の安値を付けている。
 0.68ドル台前半の安値を付けてからの豪ドル/米ドルは、ボックス相場「茶色の破線」を形成中、と考える。
豪ドル/米ドル 月足(クリックで拡大)(出所:ヒロセ通商)
 ボックス相場「茶色の破線」の上限は0.8200ドル近辺、下限は0.6800ドル近辺、と考える。
 月足チャートを見てのとおりに、豪ドル/米ドルは、一番右のレジスタンス・ライン「緑の破線」を上に抜けて、「買いシグナル」を発した、と考える。
 この「買いシグナル」に従い上昇したが、引き続き、ボックス相場「茶色の破線」が維持されている、と考える。
 つまり、上値のレジスタンス(チャート・ポイント)は、0.8200ドル近辺と考える。
 従来は(以前は)、ボックス相場「茶色の破線」の上限を0.7850ドル近辺と考えたが、実際の相場の値動きに合わせて、その上限を0.8200ドル近辺に修正した。
■週足でも急落を示唆していた 続いて、週足チャートをご覧いただきたい。週足チャートを見ると、豪ドル/米ドルは1.10ドル台にまで大きく上昇したが、その上昇は、サポート・ライン「緑の破線」に従っていたと考える。 
豪ドル/米ドル 週足(クリックで拡大)(出所:ヒロセ通商)
 豪ドル/米ドルは、高値圏で「紫の破線」で示した「下値0.9400ドル-上値1.1100ドルの約1700ポイント幅のボックス相場」を形成したと考える。  
 その後、2013年5月上旬にサポート・ライン「緑の破線」を割りみ、「売りシグナル」を発したと考える。
 そして、「紫の破線」で示したボックス相場の下限0.9400ドルを割り込み、さらなる「売りシグナル」を発したと考える。  
 ボックス相場のセオリーに従えば、ボックス相場の下限0.9400ドルからボックスの値幅分(1700ポイント)下落したところがターゲットになる。つまり、0.7700ドル程度がターゲットだ。
 週足チャートを見てのとおりに、上記のターゲットはすでに達成したと考える。
 この「紫の破線」で示したボックス相場を下に抜けた時点で、大きく急落する可能性が高いことを示唆していた、と考える。「紫の破線(両端矢印)」でターゲットを達成したことを示した。
 2013年から2014年にかけての豪ドル/米ドルは…

続きを読む