月別アーカイブ: 2015年12月

難民流入、あすのチャンスに メルケル独首相が国民向け演説

[ベルリン 31日 ロイター] – メルケル独首相は31日、内戦が続くシリアなどから殺到する難民について、ドイツの社会や経済に恩恵をもたらすと述べ、難民に対する寛容な姿勢をあらためて示した。国民に向けた演説の内容を独政府が事前に明らかにした。

続きを読む

ドルが資源国通貨に対し上昇、原油安受け=NY市場

[ニューヨーク 30日 ロイター] – ニューヨーク外為市場で、ドルが資源国通貨に対し上昇。北海ブレント先物が11年ぶりの安値に迫る中、ドルは対ロシアルーブルで約1年ぶり高値、ノルウェークローネに対しては少なくとも13年ぶりの高値をつけた。

続きを読む

イランへの新たな制裁を米検討、弾道ミサイル開発関与で=WSJ

[30日 ロイター] – 米ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)は、複数の当局者の話として、米政府がイラン、香港、アラブ首長国連邦(UAE)の個人や企業に対する新たな制裁を検討していると報じた。イランの弾道ミサイル開発に関与したためという。

続きを読む

独国債利回り前年比で上昇、安全資産評価に疑問も=ユーロ圏市場

[ロンドン 30日 ロイター] – ユーロ圏金融・債券市場は、今年のドイツ国債の値動きが2011年以来の大きさを記録し、年内最後の取引を終えた。利回りは昨年末より高かった。利回りがマイナスとならず、安全資産という評価を疑問視する声や、超金融緩和政策の限界が露呈したとの見方も出た。

続きを読む