月別アーカイブ: 2018年7月

焦点:日銀総裁が緩和限界論否定、目標実現前の景気失速がリスク

[東京 31日 ロイター] – 日銀は31日の金融政策決定会合で、想定よりも鈍い物価上昇を踏まえ、長期金利誘導目標の柔軟化など金融緩和政策の持続性を高める措置を決定した。会合後の会見で黒田東彦総裁は大規模緩和の限界論を否定したが、物価目標2%がいつ達成できるのか明言を避けた。

続きを読む

焦点:日銀政策修正でも消えぬ副作用、柔軟化は不安定化のリスク

[東京 31日 ロイター] – 日銀は金融緩和政策のファインチューニングを決定したが、副作用は消えそうにない。資産の大量購入や金利操作など政策の枠組みは変わらないため、政策の持続性を高めるための変更は、別の歪みを生み出してしまうためだ。政策の柔軟化は市場も歓迎しているが、相場のコントロールも難しくする。柔軟化は不安定化のリスクでもある。

続きを読む

日銀、長期金利上昇を容認 「0.2%程度」と黒田総裁

[東京 31日 ロイター] – 日銀は30─31日の金融政策決定会合で、強力な金融緩和策の持続性を強化する措置を決定した。長期金利を「ゼロ%程度」に誘導する目標自体は維持しつつ、変動幅の拡大を容認。黒田東彦総裁は会合後の記者会見で、従来の倍に相当する「プラスマイナス0.2%程度」を念頭としていることを明らかにした。上場投資信託(ETF)では、東証株価指数(TOPIX)連動型の購入割合を拡大することも決めた。

続きを読む

ソニー、ゲーム好調で売上計画を上方修正 スマホは不振で対策着手

[東京 31日 ロイター] – ソニーは31日、2019年3月期(米国会計基準)の売上高予想を前年比0.7%増の8兆6000億円(従来予想8兆3000億円)に上方修正した。前提為替レートを円安方向に見直したことに加え、ゲーム事業が好調に推移していることを織り込んだ。

続きを読む

ANA、9ー10月の欠航は国際線も一部対象に エンジン点検で

[東京 31日 ロイター] – ANAホールディングスは31日、傘下の全日本空輸で英ロールス・ロイス製エンジンの点検に伴う欠航が国内線の一部路線で7月から発生している問題で、9月から10月までの欠航が国際線の一部路線も対象になると明らかにした。

続きを読む

英スタンチャート、上期実質利益34%急増 リストラが奏功

[香港/ロンドン 31日 ロイター] – 英スタンダード・チャータード銀行(スタンチャート)が31日発表した上期決算は、税引き前利益が前年同期比34%増の23億5000万ドルとなった。数年にわたり実施したリストラ策が奏功し、収入が引き続き伸びた。

続きを読む

ホンダ、通期営業利益予想を100億円上積み コスト削減効果で

[東京 31日 ロイター] – ホンダは31日、2019年3月期通期の連結営業利益予想を上方修正したと発表した。メキシコ水害の影響や原材料価格の高騰などがあったものの、二輪車の販売増加、コスト削減効果などにより、従来予想の7000億円から100億円上積みする。

続きを読む

日経平均は小反発、日銀政策調整は想定範囲内、値がさ株に買戻し

[東京 31日 ロイター] – 東京株式市場で日経平均は小反発となった。日銀金融政策決定会合でのETF(上場投信)購入策の柔軟化は想定の範囲内にとどまり、日経平均への寄与度が高い銘柄が買い戻された。政策発表後はマイナス圏からプラス転換し、上げ幅を一時100円超に拡大したが、その勢いは持続しなかった。

続きを読む