月別: 2017年2月

ドル円は1か月以上小動き

ドル円は1か月以上小動き

昨夜、ドル円が111円後半で推移していましたが、FOMCの3月の利上げ確率が40%から50%に上がったことで、112.84円へ急騰。ただ、日足に目を向けると、過去1か月半以上、小さなレンジで揉み合いを続けています。明日の11時はトランプ大統領の演説です。いろいろな噂が出ていますが、明日に3月中旬の予算教書の内容も出てくるのではないかとも言われており、経済政策への言及もあれば、ドル買いになりそうです。演説の内容次第ですが
中国、欧州鉄鋼セクターの保護主義傾斜を「深刻に懸念」=商務省 News

中国、欧州鉄鋼セクターの保護主義傾斜を「深刻に懸念」=商務省

[北京 28日 ロイター] - 中国商務省は28日、声明を発表し、欧州の鉄鋼セクターで保護主義が強まっていることを「深刻に懸念している」と表明した。欧州連合(EU)が中国から輸入されている一部の鉄鋼製品に対し、反ダンピング(不当廉売)関税を課したことへの反応。

タタがドコモに1300億円賠償支払いで合意、インド撤退で News

タタがドコモに1300億円賠償支払いで合意、インド撤退で

[東京 28日 ロイター] - NTTドコモがインド撤退を巡って同国のタタ・グループと争っていた問題で、ドコモは28日、タタ・グループの持ち株会社タタ・サンズがドコモに対して約11億8000万ドル(約1300億円)の賠償金を支払うことで合意したと発表した。

マーシャル諸島、代替フロン削減策を世界で初めて批准 News

マーシャル諸島、代替フロン削減策を世界で初めて批准

[オスロ 28日 ロイター] - 2016年10月にルワンダで強力な温室効果ガス「ハイドロフルオロカーボン(HFC)」を段階的に削減するモントリオール議定書「キガリ改正」が国際合意されたことを受けて、太平洋のマーシャル諸島の議会は28日、気候変動によるリスクは国の存続に関わるとして、同改正の批准を承認した。キガリ改正の批准は、世界で初めて。