月別アーカイブ: 2016年3月

米新規失業保険申請は節目なお下回る、底堅い労働市場示す

[ワシントン 31日 ロイター] – 米労働省が発表した26日までの週の新規失業保険週間申請件数(季節調整済み)は前週比1万1000件増の27万6000件となった。エコノミストの間では、前週から変わらずの26万5000件となることが予想されていた。

続きを読む

コラム:同盟国の「見殺し」望むトランプ外交

[28日 ロイター] – 大富豪ドナルド・トランプ氏のおかげで、もう米国民にはポピュリストの外交政策がどのようなものか分かっている。「孤立主義ではないが、アメリカ・ファースト(米国優先)」と、同氏は先週あるインタビューで自身の見解を定義した。

続きを読む

4月以降、国内は円安材料満載。それでも ドル/円が105円へ下落する展開はある?

■2016年前半の為替相場を振り返ると… みなさん、こんにちは。
 ここでは、今年(2016年)のこれまでの為替の動向をチェックしてみたいと思います。
 今年(2016年)は、米ドル/円と英ポンド/円の急落がコンセンサスとなっていました。
【参考記事】
●イースターに向けて調整相場入り。通貨高牽制など売り材料多い豪ドルは急落警戒!(3月24日、西原宏一)
 まず、以前もご紹介させていただいたとおり、米ドル/円の今年(2016年)の目標値は、110円程度でした。
【参考記事】
●2016年のドル/円は110円程度まで下落も。Brexit巡る国民投票に向け英ポンドは…!?(西原宏一&松崎美子)
 その米ドル/円ですが、2月11日(木)のSQ(※)ショック時に目標値に早々に到達。
(※編集部注:「SQ」とは日経225先物などの株価指数先物や株価指数オプションといった取引の最終決済を行なうための価格のこと。株価指数先物は3月、6月、9月、12月の第2金曜日、オプション取引は毎月第2金曜日がSQ算出日となっている)
【参考記事】
●行き詰まったアベノミクス。ヘッド&ショルダー完成のドル/円は105円台へ下落の公算(2月12日、西原宏一)
●日銀マイナス金利導入が円高・株安誘引!? ドル/円急落の裏で何が起こっていたのか?(2月18日、西原宏一)
米ドル/円 日足 (リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:米ドル/円 日足)
 次にBrexit(英国のEU離脱)を背景に英ポンド/米ドルの暴落というのもテーマになっていました。
【参考記事】
●月足終値で1.40ドル割れなら31年ぶり! 英ポンドを暴落させたボリスショックとは?(2月25日、西原宏一)
●NYダウ崩れずリスクオフは徐々に沈静化。英ポンド下落の背景には中東と中国あり(3月3日、西原宏一)
 通貨ペアとしては、円高予想も相まって、英ポンド/円の急落が取り上げられていました。その英ポンド/円ですが、昨年(2015年)末から続落し、2月後半には154.73円という安値まで急落しました。
英ポンド/円 日足(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:英ポンド/円 日足)
 つまり、今年(2016年)注目された米ドル/円と英ポンド/円は、2月早々に目標値まで到達してしまったのです。
 そして、その後は調整で、方向感なく乱高下する展開が続いています…。こうした動きは昨年(2015年)も同様でした。
 昨年(2015年)はユーロ/米ドルと豪ドル/米ドルの下落がテーマとなっていましたが、第1四半期にどちらも目標値へ早々に到達しています。
【参考記事】
●ザイFX!で2015年を振り返ろう!(1)2つのショックの背後に大きなテーマあり
●ザイFX!で2015年を振り返ろう!(2)「黒田ライン」意識で伸び悩んだ米ドル/円
■4月以降はNYダウと原油が相場を見極めるカギに 前述のように、今年(2016年)のテーマである米ドル/円と英ポンド/円が第1四半期で早々に目標値に到達した今、4月以降のマーケットは新たなテーマを探ることになります。
 そのテーマ探しですが、注目されるプロダクツ(Products)は2つあります。
 まず、ひとつは原油相場。
 原油下落がリスクオフマーケットを演出し、米ドル/円と英ポンド/円の下落を誘引した側面もあるため、重要となります。
 その原油ですが、3月に入って反発しています。
WTI原油先物 日足(出所:CQG)
 この原油の反発は大きく、Brexitの報道が目立ち、続落していた英ポンドは原油の反発とともに大きく値を戻しています。
英ポンド/米ドル 日足(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:英ポンド/米ドル 日足)
 今年(2016年)前半、原油相場は200日移動平均線にずっと上値を抑えられて続落してきました。
 現在も200日移動平均線に上値を抑えられていますが、仮に200日移動平均線を上抜くと、株高、そして、リスクオンのマーケットを誘引することになります。よって、原油相場の動きに注目です。
WTI原油先物 日足(出所:CQG)
 次に注目すべきなのがNYダウの動向。 2月のSQショック時は…

続きを読む

イエレン議長発言で米ドル高ムード一変も ドル/円、111円台へ下落はあまり想定せず

■イエレンFRB議長の発言でムードが変わった 相場がこう着状態に入ると、猫の目のように好材料、悪材料が交替に出てきて、右往左往する展開になるのはよく見られる光景ですが、最近もそんな状況になってきています。
 ここのところ、少し米ドル高に向かっていたのですが、3月29日(火)のイエレンFRB(米連邦準備制度理事会)議長の発言で、すっかりそのムードが変わってしまいました。
米ドルVS世界の通貨 4時間足(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:米ドルVS世界の通貨 4時間足)
 イエレン議長の発言要旨は以下のとおりです。
「必要に応じ、刺激策講じる余地はかなりある」
「利上げにおける慎重な姿勢は特に正当化される」
「コアインフレ加速、持続可能性の判断時期尚早」
「世界的な動向からの影響波及は全般に限定的」
「FOMC(米連邦公開市場委員会)は今後数年、緩やかな利上げを想定している」
 つまり、まだ利上げを焦る必要はないということを言っているわけです。
 この発言で、2016年4月に利上げをするのではないか、という市場の淡い期待は打ち砕かれる形となりました。
■米国の株価にはややプラス、為替市場では米ドル安に さらに、シカゴ連銀のエバンス総裁は、低インフレを踏まえると、2016年4月の利上げのハードルは高いが、労働市場の改善が続けば6月の利上げはありうる、との認識を示しています。
 この発言も、4月利上げ期待をしぼませました。
 こうしたことは、米国の株価にはややプラスに働いているようです。また、為替市場では米ドル安方向に反応しています。
NYダウ 1時間足(出所:CQG)
米ドルVS世界の通貨 1時間足(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:米ドルVS世界の通貨 1時間足)
■特殊な円売りでクロス円でも円安が進んだか 米ドル/円に関して言えば、利上げ期待の米ドル高と期末関連の円売りで、114円近くまで米ドル高・円安が進行していました。
 欧米のヘッジファンドなどはさらなる円安を期待して、115円、120円などのドルコールオプションを買う動きを活発化させていました。
 また、一部で言われていたのは、日本の商社が海外の資源ビジネスでかなりの損失を出した分の減損処理をするために、期末にかけて円売りをしているのではないかという観測も見られました。
 おそらくこうした特殊な円売りが出ていることで、クロス円(米ドル以外の通貨と円との通貨ペア)でも円安が進んだのではないかと思っています。
世界の通貨VS円 4時間足(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:世界の通貨VS円 4時間足)
 こうした動きの中…

続きを読む

国債買い入れ、財政ファイナンスと誤解される恐れない=日銀総裁

[東京 31日 ロイター] – 黒田東彦日銀総裁は31日午後の参院財政金融委員会で、大規模な国債買い入れの狙いは2%の物価安定目標を早期に達成するためであり、「財政ファイナンスと誤解されるおそれはない」との認識を示した。小池晃委員(共産)への答弁。

続きを読む

核セキュリティ強化措置、「近い将来」発効へ=IAEA事務局長

[ワシントン 30日 ロイター] – 国際原子力機関(IAEA)の天野之弥事務局長は30日、あと6カ国が「核物質の防護に関する条約」の改正を承認すれば、締約国が核施設や核物質の保護を強化することに法的拘束力が生じる、と語った。

続きを読む

アングル:ポンド安、「ブレグジット」以外にリスク回避も影響か

[ロンドン 30日 ロイター] – 昨年終盤以降のポンド/ドルの大幅な下落は、英国の欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)への懸念だけでなく、投資家のリスク回避姿勢も主な理由であり、原油安と連動したものだった──。ノルデア銀行は調査ノートでこうした見方を示した。

続きを読む